スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリノ・エジプト展

.23 2010 日記 comment(0) trackback(0)
22日の土曜日に実家へ行っていたら、TVCMでトリノ・エジプト展が流れていて、ふとエジプトに興味のある二人がいるなと思い出し、私の母親とSさんを誘ってみる。


オフィシャルサイト → http://www.torino-egypt.com/


大雨強風の中、11時過ぎに神戸博物館へ。
こんな大雨強風だから日曜とはいえ若干少ないかなとか思ってたら何てことなく入り口から人の列が…。

博物館でこんなに混んでるのを見たのは初めてです…。

入場制限はなかったものの、人が多くて中々進まない…orz

大きな絵やミイラや棺桶はまだそうでなかったけど、小さな展示物の石碑や装飾品は中々見れず…。
ぎゅうぎゅう詰めでも前列をキープしていればじっくり見入れる事ができまして。

内装は現地のトリノ・エジプト博物館をイメージしたようで中々落ち着いた雰囲気でした★

CMやパンフ等には門外不出のツタンカーメンの彫像がメインに出てましたが、私は自分の身長より大きい人型棺の蓋が一番興味を引きましたね

石碑、彩色、木棺、布、紙のように薄い木…紀元前に作られたとは信じられないほど完全な形で保存されていて、3000年以上前の古代エジプト人の技術力の高さには驚かされました。
展示期間ももう終盤に差し掛かっているにも拘らず大勢の人が訪れるというのは、古代エジプト人の死者への崇拝・死後の再生と復活への強い願いに理屈抜きで何処か惹かれる何かがあるのでしょうね。



見終わって入り口へ戻ると入場制限のために長蛇の列が出来てました…。
早めに着てよかったです(^^;

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://anyu07.blog17.fc2.com/tb.php/587-a850d082
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。